スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/3/7 台北

本日は先生がマニアック書店街につれていってくれました。
なんか…「台北の秋葉」的な存在らしい。うん、たしかに電気やら漫画やらDVDやらフィギュアやら…。
まぁ、私の目的は封神コミックなので。とにかく本屋をはしごして聞きまくる。
けどどこもない。
もう半泣きで先生に泣きつく。
「先生…なぃ…」
「なんだ、何のマンガが欲しいんだ」
「封神…」


すると先生、どっかに消える。
きくだけ!?そんだけ!?とか思ってたらひょっこり戻ってきました。
「絶版らしい。」
「は?」
どうやら店員さんになんでないの、って聞いて回ってくれたらしいです。やさしい!
そんだらもう絶版で、だからないんだってさ。
もう入手できり★と思ってわくわくしてたのに。一気にテンションダウン。
玉市で「200!」とか言ってかなり値切ってお買いもの。ストレス発散。ふぅ。
ホテルの近くにたしかでかい本屋の支店があったので、夜はそこに行こう…と誓います。


夜。早速行動開始。
でもやっぱりなかった。
でも夜はまだまだよ!ということで通称「オタクビル」へと向かいます。
わぁ…本気ですげぇ。オタッキー!
フィギュアとかよくわからないのですが、さぁさんによると「古今東西混じりすぎ」とのこと。
すると、テニスのフィギュアを発見。
さぁさんはテニス狂。「どぁあ!」と食いつき「アトベ!!!」と連呼します。
しかしいるのはメガネさんと細目さんのみ。「アトベ…」としゅんとなるさぁさん。
そんだら店員のおっちゃんが「お~。プリンスオブテニス~」と話しかけてくる。おぁ、英語(笑)!


爆笑しながら、ふと「アトベ!アトベ!」と言いながらフィギュアを叩いてみます(アトベの発音なんて知らないよ…)。
するとおいちゃんは「?」としてたものの何かを察したらしく「おう!アトベないねぇ!」と理解してくれました。
わかるんだ(爆)!!!
愛は国境を超えます。合掌。


その頃時計は9時を回ってまして。
とりあえず、メイトの場所を確認してから帰ろうかぁということに。
さすがに閉まってるよね…と街をさまよう。
どこだぁ!ときょろきょろしてると…あれ、看板に明かりが。
あいてる…?


さぁさんと「信じられない」と無言でアイコンタクト。
でも次には二人でにやりと笑い、もうたまらずダッシュ。
この間、会話は一言もなし。しかしタイミングばっちり。



階段を駆け上がり、どうやら4階?くらいから成っていることが判明。
とにかく上から!上から攻めよう!ということでくまなくチェックしていきます。
コミックの階を発見し、まずはテニス発見。しかし届かない。
う~んと悩み、近くにいた男の客に「とって!」と頼む。恥ずかしいな!でもにこやかに取ってくれました。さんきう!
次は私の!封神!と探してると…あったぁぁぁぁ!!
しかしやっぱり昨日と同じような品揃え。
最終巻欲しかったよう…と泣く泣く選びまふ。
仙界大戦と、老子と、殷滅亡をチョイスしてみました。そしてせっかくだから普賢。
この品揃え、たぶん日本人のせいだと思います。
1巻と最終巻は記念に買いやすいですよね。んで、楊氏表紙も続々消えて。
最終決戦あたりも記念に買って・・・となり、絶版なので追加もなく、そこら辺が消えていく。
その線があやしいな!


ほくほくで帰ろうとしたらさぁさんが「同人誌あった!」と叫びます。急いで駆け寄るも日本の同人誌でした。
さぁさんによると「日本のメイトで扱ってるやつの、さらに大手さんを厳選したもののみがあるみたい」との事。さすが。詳しい。
でも日本のものを現地の方は読めるのかしら。てか、日本の月刊誌とか普通に置いてあるんですよね。絵だけみて楽しいの!?かなぁ?
その割には、即売会のチラシがあったんですよね。と、言うことは現地同人誌があるんよね…。
台湾クオリティがみたいものです。むむ。
ちなみにメイトさん意外の本屋では日本製の同人誌は見ませんでした。
メイトさんの力だから、国外でもでもうれるのかなぁと考えてみる。
ちなみに台湾店、けっこう有名どころの方のサイン色紙がありました(笑)


もう重い袋をぶら下げほくほく帰っていると、なんか日本で言うアイドルショップ?的なものを発見。
さぁさんが行きたい!というので行ってみるとあれぇ…?明らかに違法ポスター。
だ、大丈夫か!?著作権!と心配しつつ物色すると、あるわあるわ…。マンガにゲーム、ところせましと違法物…。
トランプとかマウスパッドもあり、堂々と「メイドイン台湾」の文字。開き直り!?


もういい加減帰らないと先生に怒られるな!とせかせか帰っていると友人を足つぼマッサージ屋で発見。
ご機嫌な私たちはわーい♪と手をふるも、ふと気づけば手元にはメイトのロゴ入り袋。
「ばれなかった?いや、もういいか!」と台湾なみに開き直り、本日も終了したのでした。

プロフィール

凛

Author:凛
封神の楊太を中心に妄想を繰り広げる、元某大学文学部在籍のおなご。現某会社広報担当。趣味はタバコ収集。でも吸えません(え)。パッケージが好きなのです。
メールフォームとかで構って下さると大変喜びます。お気軽にどうぞ。質問、お問い合わせ等もございましたらどうぞ。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。