スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/3/6 台北

三日目。本日は個人研究の日。
うちの班は書店なので早速GOです!


はじめての台北タクシー。…怖ぁ!!!!!!!
なんじゃこりゃあ。割り込み普通。急ブレーキ普通。クラクション普通。飛ばすの普通。
おかしいよこれ!
ふらふらになりながら到着。台北一でかい本屋さんです!
結構面白かったですよ~。日本との違いとか、品揃えも独特でした。
そしてやはり、探すのが!
封神コミック!!!!


どこじゃあ~と探す。が、場所が分からないので店員さんに聞いてみる。
やっと発見。あった…!けど、全巻そろってない。
とりあえず1巻と、最終巻と、楊ゼン表紙巻欲しいよなぁと思ったけどどれもない。
うぁあああん!と泣いてみる。いいもん。先生がそのうちマニアックな本屋に連れて行ってくれるっていったもん。
だからいいの!そこにきっとあるからぁ!


よるは念願のルーロウファンを食べて、ホテルに。
明後日にスピーチしなければならないので先生の部屋で練習します。
風呂入ってから集合だったので入ってから行ってみる。
時間ぴったりにピンポンを押すと、ドアを開ける先生。
…二人っきりの模様(男の先生ね)。
フロ上がり。二人のみ。
先生からも「しまった…」的なオーラが流れてます。私もだよ!


でもまぁ誰かすぐ来るさと思って待つ。
まぁ、座るがいい、と勧められたのはベッド。
いや、ここしか座るところないけどさ…!
会話が途切れたくないので必死こいて喋りまくるお互い。悲しい努力。
と、生徒がやっと登場。待ってましたとばかりにドアを勢いよく開けたよ自分。
すると友人。
「あら、先生と二人っきりったの?いや~ん。」


…友人は受け狙いだったんでしょうね。
けどかえってくるのは沈黙。笑い飛ばせないよ!
本当に気まずかった。ふは!

プロフィール

凛

Author:凛
封神の楊太を中心に妄想を繰り広げる、元某大学文学部在籍のおなご。現某会社広報担当。趣味はタバコ収集。でも吸えません(え)。パッケージが好きなのです。
メールフォームとかで構って下さると大変喜びます。お気軽にどうぞ。質問、お問い合わせ等もございましたらどうぞ。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。