スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草シリーズ4

今年のクリスマスは何の準備もできずじまいだったのでせめて、と思い小話をしたためました。
クリスマス当日、酔いどれ凛さん更新忘れました(爆)。
まぁいまさらの更新で。






「…通りで、寒いはずですね…」
日も暮れてきたのでカーテンを閉めようとしたら、窓の向こうでは白いものがちらほら。
いわゆる、ホワイトクリスマス。


党恋人・聖依存症。


ぐつぐつとナベは煮え、キッチンはほんわり暖か。
外気との温度差で窓はくもる。
今夜はクリスマス。
具だくさんポトフと、ひよこ豆のサラダと。とっておきの日本酒と。あとおつまみたくさん。
ケーキはそろそろ恋人とともに到着するはず。
と、タイミングよく玄関の開く音がする。


寒い…!と言いつつキッチンに入ってきた望のせいで、室内温度は少々下がる。
「ケーキちゃんと取ってきました?」
「忘れるわけなかろう!」
あの人気店の、限定30個クリスマススペシャルなのだぞ!とかなりのハイテンション。
得意げに箱を掲げ、すぐさま冷蔵庫へ。
やばい。指やばい…!と言いつつポトフで暖をとる恋人。


「そんなところで暖まらないで下さいよ!あ、煙草は?」
「あ。」
缶Pが切れてしまったので、ついでにと頼んでおいた楊ゼン。どうやらケーキに負けたらしい。
「忘れたんですね…」
今から買いに行くのも面倒ですし。良いですけどね…と目に見えてしょげる楊ゼン。
「まぁまぁ。一日くらい吸わぬでも良いではないか。」
冷たい身体をすり寄せてきて、少年は男の体温を奪ってゆく。
「お主には他に吸うものがあるし。」
「他?」
小首を傾げる男を、望は挑発的に見上げる。
「わし。」
まぁ、それがクリスマスプレゼントかのぅ~♪とフフフと酷く楽しげに笑う。
「望…」
なんでこの人はいつも突拍子もないことをいきなり言うんだ。


「要はクリスマスプレゼント買ってないんでしょう。」
「わしは高いぞ!?」
缶P何個分だと思っておるのだ!と、ギュッと頬をつねられる。
「まぁ、確かに缶Pより美味しいですけどね。」
今夜おいしくいだたきます、と今はとりあえず味見だけしておく。
冷たい唇はすぐに暖かになり、甘くとろけて男を誘う。


「まだ…僕の味する?」
「まだな。」
顔を下にずらし望の首元をちゅっと吸えば、淡く浮かぶ所有の印。
クスクスと笑いながら、望は男に問う。
「楊ゼン…」
胸元にある恋人の頭を、そっと上げるように促す。

「吸いたいのは、そこだけか…?」

男は見つめられた瞳は逸らすことが出来ずに、誘いの言葉は頭の中にゆっくりと染みていく。
望、と呟きまた口づけをしようとしたらそれはするりとかわされて。
「デザートは最後だと、相場が決まっておろう?」
だからごはん♪といそいそと食卓の準備をはじめる恋人。
その切り替えの早さに男はため息をひとつ。


「あなたが嫌という程食べて差し上げますよ。デザート。」
「望むところだ。」


お互いを睨みつけると、急に可笑しさがこみあげて。
暖かな室内に、明るい笑い声が響く。
「メリークリスマス、望。」
「メリークリスマス。楊ゼン。」
カチ、と乾杯をして食事は始まり。


二人の聖なる…?夜は更けていった。

プロフィール

凛

Author:凛
封神の楊太を中心に妄想を繰り広げる、元某大学文学部在籍のおなご。現某会社広報担当。趣味はタバコ収集。でも吸えません(え)。パッケージが好きなのです。
メールフォームとかで構って下さると大変喜びます。お気軽にどうぞ。質問、お問い合わせ等もございましたらどうぞ。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。